フォト

ショップはこちらです

無料ブログはココログ
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

PR


2020年10月20日 (火)

KIP WINGER FROM THE MOON TO THE SUN

全国のロック・ファンのみなさん、こんにちは。メタル、プログレ、ハード・ロック、クラシック・ロック専門中古CDオンライン・ショップ、Ken's Attic ケンズ・アティックです。

 

キップ・ウィンガーのソロ第4弾、オリジナル作としては3作目となったアルバム、「フロム・ザ・ムーン・トゥ・ザ・サン」、入荷しました。

3_000000006169_20201016065201

ショップはこちら

 

8年ぶりのソロ名義となりますが、ご存知の様にその間WINGERが復活、2006年に13年ぶりの新作となった「Ⅳ」をリリースしています。

 

新生WINGERのキーボーディストとして参加したセンク・エログルが、本作でキップと完全タッグによる共同プロデュース、アルバムの約半数の曲を共作をしています。

 

彼の貢献はかなり大きく、トルコ人らしい中近東音楽を感じさせる壮大なスケールのアレンジ、サンプリング、ループを多用したモダンなテイストを導入しています。

 

前述の「Ⅳ」でも顕著だったアダルトなプログレ・ハード・サウンドとでも表現すべき昨今のキップのスタイルが、このセンクのエキゾチックなセンスと相まって独特のメロディアス・ワールドを構築しているのにまず驚かされます。

 

キップ単独作によるインスト、「GHOSTS」はピアノと弦楽四重奏による非常にクラシカルなナンバーで、彼の新たな魅力を感じさせてくれます。

 

キップがHR/HMの世界からますます離れていったかというとけっしてそうではなく、むしろメロディ・メイカーとしてのセンスはソロ・キャリアの中では最高傑作と言えるはずで、アダルトなアプローチこそ強いものの、アレンジさえ変われば初期WINGERのアルバムに収録されていてもおかしくないナンバーも目立ちます。

 

特にアルバム後半では畳みかけるようにコンテンポラリーな流麗なアレンジ、メロディが満載で、うっとりするような美しさに感動させられます。

 

バックを支えるのはキップ作品では常連と言えるメンバーばかりで、WINGERのロッド・モーゲンスタイン、元DANGER DANGERのアンディ・ティモンズ、アラン・パスカ、元インペリテリ、ハウス・オブ・ローズのケン・メアリー等々。

 

尚、ボーナス・トラックは、ファースト・ソロ作に収録されていた「MONSTER」がセンクの手によりリミックスされたヴァージョンが収録されています。

 

元々ミステリアスなナンバーでしたが、ここではまるでSTINGがプログレ・ハード化した様なアレンジがユニークです。

 

 

 

2020年10月19日 (月)

SAIGON KICK SAIGON KICK

全国のロック・ファンのみなさん、こんにちは。メタル、プログレ、ハード・ロック、クラシック・ロック専門中古CDオンライン・ショップ、Ken's Attic ケンズ・アティックです。

 

フロリダ出身のサイゴン・キックの91年作、デビュー・アルバムとなった「サイゴン・キック」、入荷しました。

5_000000006153

ショップはこちら

 

同年にオジー・オズボーンのオープニング・アクトとして来日も果たし、日本デビューが武道館ライヴという事も話題になった大型新人として紹介されていました。

 

ユニークなバンド名さながら、多彩な音楽性と達者なバンド・サウンドが目立ち、90年代メタル・シーンの幕開けに相応しいセンスを持っていました。

 

グルーヴ・メタル、ミクスチャー、クロスオーヴァー・メタルと形容句がいくらでも並びそうですが、彼等の個性は当時時代を席巻していたオルタナ、グランジのダークな質感を引きずっていなかった事だと思います。

 

多くのバンドがヘヴィ&ダークを合言葉にしていた様な時代ですが、典型的なアメリカン・ハードのパーティー・ロック感覚をベースにしながら、ファンク、スラッシュ、パンクと目まぐるしくカラフルなナンバーが飛び出してきます。

 

プロデューサーのマイケル・ワグナーが見出したという事もあり、同時代のEXTREMEとも通じるものがあるかもしれませんが、サイゴン・キックの方がより突き抜けたお祭り気分が強い様な気がします。

 

「My Life」の伝統的ブリティッシュ・ポップ・センスが満載された、ビートルズ、ELOを思わせるナンバーを聴いていると、このバンドの良い意味での節操の無さが強烈な個性になっているのが良くわかります。

 

この曲には、職人的ヴォーカリスト、ジェフ・スコット・ソートもゲスト参加している事もあり、本作の聴きものの一つになっています。

 

とにかく1曲として似たタイプの曲が無いバラエティ豊かなソング・ライティングは見事で、まるでオムニバス・アルバムを聴いている様な錯覚に陥る方もいるのではないでしょうか。

 

そのあまりに突出した才能が、以降のバンドのイメージをぼやけたものにしてしまったのかもしれませんが、これはこれでなかなかの力作だと思います。

 

 

2020年10月18日 (日)

VAN HALEN BALANCE

全国のロック・ファンのみなさん、こんにちは。メタル、プログレ、ハード・ロック、クラシック・ロック専門中古CDオンライン・ショップ、Ken's Attic ケンズ・アティックです。

 

ヴァン・ヘイレンの通産10作目となったアルバム、「バランス」、入荷しました。

1_000000001386

ショップはこちら

 

サミー・ヘイガー在籍時のヴァン・ヘイガー作品としては最後の1枚となったものです。

 

86年作の「5150」以来、彼等のアルバムは全て全米No.1という事実は、改めて安定した人気ぶりに驚かされます。

 

本作ももちろんチャートのトップとなり、ビッグ・バンドとしての貫禄を見せつけてくれました。

 

初顔合わせとなったブルース・フェアバーンとの相性も良く、彼等のポップ・サイドが更に洗練されています。

 

シングル・ヒットした「キャント・ストップ・ラヴィン・ユー」は、ヴァン・ヘイレンのハード・ポップ路線としては最終型の完成度を誇り、実際80年代から続いたポップ指向はここで完結しています。

 

ジャケットに映るのは幼い時代のウルフギャングで、日本ではジャケットが差換えられているのも有名だと思います。

 

ドラマティックな名バラード、「ノット・イナフ」ではエディの盟友、スティーヴ・ルカサーがバック・コーラスのみでゲスト参加しているというのも珍しいと思われます。

 

肉食系の圧倒的なパワー、カラフルなギターと重厚なリズム隊、せつないメロディもこなすスーパー・バンドの全ての魅力をフェアバーン・ブランドによって凝縮した、と言える大傑作です。

 

 

2020年10月17日 (土)

VAN HALEN 1984

全国のロック・ファンのみなさん、こんにちは。メタル、プログレ、ハード・ロック、クラシック・ロック専門中古CDオンライン・ショップ、Ken's Attic ケンズ・アティックです。

 

R.I.P. Mr. Eddie Van Halen

 

ビッグV、ヴァン・ヘイレンの通産6作目となったアルバム、「1984」、入荷しました。

1_009003000040

ショップはこちら

 

彼等がほぼ全世界で国民的支持を得たのでは、と思える大ヒット作です。

 

彼等がHR/HMというジャンルを越えて愛されたのは、こうした商業路線が嫌味なくハマってしまう資質(特にデイヴによるところが大きいと思いますが)を持っていたからだと思います。

 

前作「ダイヴァー・ダウン」でのシングル曲向きのポップな構成を更に強化、そしてエディのシンセの多用を中心に、80年代ハード・ロックのお手本的内容となりました。

 

ド派手でキャッチー、MTVで映えるエンターテイメント性の強いキャラ、全てがそれまでのKISSやエアロスミスとはまた違った方法論により確立され、それまでのスーパー・ギタリストを擁するパーティー・バンド、というイメージを完全に覆しています。

 

LAメタルやヘア・メタルと呼ばれた80'sハード・ロックの攻勢も、本作無しではきっと簡単ではなかった気もします。

 

これまでの土臭いアメリカン・ハード、あるいはR&Bからの影響をここでは一気に封印したかの様な洗練度は、ポップ・メタル全盛期の煽りを彼等が冷静に受けとめた結果だとは思います。

 

当時のVAN HALENにしかできなかったと思われる「JUMP」、「PANAMA」、「HOT FOR TEACHER」等は、彼等以降に現れたRATTやMOTLEY CRUE等のLATCHメタル勢への確かな牽制になっていたのではないでしょうか。

 

その一方、ジャーニーやフォリナー路線とも言える「I'LL WAIT」の中途半端な完成度が本作では浮いている様にも思えますが、ご愛嬌といったところだったのでしょうか。

 

このナンバーの延長線上が、やがてサミー・ヘイガー加入後の基本路線となっていく事を考えると、やはり重要な意味を持っていたんだと思います。

 

いずれにしても、全ロック・ファン必聴の1枚である事には違いないでしょう。

 

 

2020年10月16日 (金)

VAN HALEN DIVER DOWN

全国のロック・ファンのみなさん、こんにちは。メタル、プログレ、ハード・ロック、クラシック・ロック専門中古CDオンライン・ショップ、Ken's Attic ケンズ・アティックです。

 

R.I.P. Mr. Eddie Van Halen

 

オリジナルは82年作、ヴァン・ヘイレンの通算5作目となった「ダイヴァー・ダウン」、入荷しました。

1_009003000011

ショップはこちら

 

すでにアメリカン・ハードの新たな覇者としての地位を確立していた彼等ですが、本作により揺るぎないトップの座を確保、HR/HMをお茶の間へと見事持ち込む事に成功したのでした。

 

日本ではまだまだギター・キッズのヒーローという印象が強かったと思いますが、全米ではMTVを中心に「(OH) PRETTY WOMAN」が大ヒット、国民的バンドと大きく飛躍したわけです。

 

かなり急ピッチで制作された様で、カヴァー曲が5曲、インストが2曲と、変則的とも言えるアルバムですが、このバンドの魅力が損なわれる事なくキャッチーにまとめられているのが見事です。

 

前作の「FAIR WARNING 戒厳令」は、これまでになくシリアスかつメタリックな作風が目立ちましたが、彼等の持ち味であるパーティー・ロック感覚が復活、陽性の高揚感が新たな路線となり、次作の「1984」への布石とも考えられる底抜けに明るいハード・ロック・センスが爆発しています。

 

アメリカン・ハードの基本中の基本とも言える土臭いセンスも持ち合わせていましたが、本作では排除しているのも興味深いところです。

 

KINKSのカヴァー第2弾となった「WHERE HAVE ALL THE GOOD TIMES GONE!」、ミック・ジャガーとデヴィッド・ボウイの共演でも取り上げられた「DANCING IN THE STREET」等、元曲の良さに助けられた部分も確かに大きいのですが、オリジナル曲の素晴らしさも見逃せません。

 

いかにもVAN HALEN節といったスピード・ナンバー、「HANG 'EM HIGH」、メロウなセンスが新鮮だった「SECRETS」、完全なる「1984」のプロトタイプと言えるライトなポップ・センスが心地良い「LITTLE GUITARS」等、確実にバンドが次なる段階へ進もうとしているのがわかります。

 

カヴァー曲導入とメロディの強化、そしてキラキラしたパーティー感覚が、いよいよ80年代メタルの隆盛期を呼び込む事となり、本作はまさにその先陣を切った傑作であったのだと思います。

 

 

 

2020年10月15日 (木)

VAN HALEN OU812

全国のロック・ファンのみなさん、こんにちは。メタル、プログレ、ハード・ロック、クラシック・ロック専門中古CDオンライン・ショップ、Ken's Attic ケンズ・アティックです。

 

R.I.P. Mr. Eddie Van Halen

 

オリジナルは88年作、ヴァン・ヘイレンの通産8作目となった「OU812」、入荷しました。

1_000000005637

ショップはこちら

 

サミー・ヘイガー加入後第2弾となり、アルバム・タイトルは「Oh, you ate one, too」をもじったものとなり、デイヴ・リー・ロスの「Eat 'Em and Smile」に対しての回答、もしくは皮肉になっていたのでしょうか。

 

いずれにしても新生ヴァン・ヘイレンのスタイルはここで完全に確立されました。

 

リード・シングルとなった「Black And Blue」では今まで見られなかったミドル・テンポでの渋さが光り、大ヒット・シングルとなった「When It's Love」ではますますエディのシンセが洗練され、ポップなヴァン・ヘイレンの側面を強化しました。

 

いずれもサミーが持ち込んだブルースとハード・ポップのセンスが生かされたナンバーで、以降の彼等の新たな個性となっていったわけです。

 

リトル・フィートのカヴァーとなった「A Apolitical Blues」、ハイ・スピード・ナンバーの「Source Of Infection」、アルバム中最もポップと思われる、まるでジャーニーの様な「Feels So Good」等、聴き所満載となっていて、ヴァラエティに富んだ80年代ハード・ロック・アルバムとしてお手本的内容を誇っています。

 

 

2020年10月14日 (水)

VAN HALEN FAIR WARNING

全国のロック・ファンのみなさん、こんにちは。メタル、プログレ、ハード・ロック、クラシック・ロック専門中古CDオンライン・ショップ、Ken's Attic ケンズ・アティックです。

 

R.I.P. Mr. Eddie Van Halen

 

オリジナルは81年作、ヴァン・ヘイレンの通産4作目となった、「戒厳令」、入荷しました。

1_009003000012

ショップはこちら

 

英国の歴史的な精神病院、王立べスレム病院の患者作の絵画をモチーフにしたジャケットや、シングル向けの曲が少ないハードに徹したサウンドは、彼等のキャリアの中でもかなり地味な作品と思われていますが、聴きこむ度に味が出てくるナンバー揃いの傑作です。

 

エディのプレイにも進化が見られ、チョッパー奏法、タッピングを極めています。

 

ここでのテクニック指向のピークは、以降の「ダイヴァー・ダウン」、「1984」での陽性ポップ展開へと目を向けさせるきっかけになったのではないでしょうか。

 

デビュー作に先祖返りした様な圧倒的な乾いたサウンド、欧州的な湿ったメロディ、そしてとことんメタリックな質感にこだわった作風は、現在の彼等の姿にも似ている感があります。

 

 

2020年10月13日 (火)

VAN HALEN VAN HALEN

全国のロック・ファンのみなさん、こんにちは。メタル、プログレ、ハード・ロック、クラシック・ロック専門中古CDオンライン・ショップ、Ken's Attic ケンズ・アティックです。

 

R.I.P. Mr. Eddie Van Halen

 

オリジナルは78年作、記念すべきヴァン・ヘイレンのデビュー・アルバム、「炎の導火線」、入荷しました。

1_000000001295

ショップはこちら

 

本作の持つ意味はかなり大きく、様々な要素によりその後のハード・ロックの歴史を塗り替えてしまったと思います。

 

ライト・ハンド奏法によるギターの可能性を広げた事は言うまでもないと思います。

 

そしてそれまでキッス、エアロスミスが繋げてきたアメリカン・ハードの新しいヒーローとして迎え入れ
られたのでした。

 

徹底的にカラカラッと乾いた音と、適度にキャッチーなメロディは80年代ハード・ロックを予見していたものでした。

 

ムンムンとむせかえる様なデイヴのヴォーカルもエディのギターに負けない位大きな衝撃があったと思います。

 

 

 

2020年10月12日 (月)

VAN HALEN 5150

全国のロック・ファンのみなさん、こんにちは。メタル、プログレ、ハード・ロック、クラシック・ロック専門中古CDオンライン・ショップ、Ken's Attic ケンズ・アティックです。

 

R.I.P. Mr. Eddie Van Halen

 

オリジナルは86年作、ヴァン・ヘイレンの通産7作目、「5150」、入荷しました。

1_009003000094

ショップはこちら

 

前作から3年ぶり、そしてデイヴの脱退という危機的状況も乗り越えと、当然の様に全米No.1を記録したアルバムです。

 

80年代メタル・シーンが大きく様変わりしていく中、デイヴ・リー・ロス脱退という大きな痛手を負いながら、バンドはなんとサミー・ヘイガーと合体。

 

この衝撃的なニュースに、当時のロック・ファンは狂喜していたと思います。

 

後にヴァン・ヘイガーとも呼ばれたこの二大巨頭の融合は、見事アメリカン・ハード・ロック全体を更に盛り上げる事となったのでした。

 

サミーの元々持っていたハード・ポップ・センスが、エディのメロディ・メイカーとしての資質を刺激したかの様な化学反応が生まれ、別バンドとしてメロディアス・ハード的な魅力が開花されます。

 

またフォリナーのミック・ジョーンズが共同プロデュースを担当した事もあり、その路線は完全にバンドの持ち味として固定化されました。

 

もちろん従来のパーティー・バンドとしての側面も残っていただけに、本作を普遍的に優れたロック・アルバムとしています。

 

「Why Can't This Be Love」、「Dreams」、「Love Walks In等、5曲がシングル・カットされています。

 

 

2020年10月11日 (日)

VAN HALEN WOMEN AND CHILDREN FIRST

全国のロック・ファンのみなさん、こんにちは。メタル、プログレ、ハード・ロック、クラシック・ロック専門中古CDオンライン・ショップ、Ken's Attic ケンズ・アティックです。

 

R.I.P. Mr. Eddie Van Halen

 

オリジナルは80年作、ヴァン・ヘイレンのサード・アルバムとなった、「暗黒の掟」、入荷しました。

1_009003000039_20201009185001

ショップはこちら

 

全曲オリジナル曲、ヘヴィでストイックな面が強調された作風は、次作の「FAIER WARNING 戒厳令」、そして2012年にデイヴが復帰した最新作、「ア・ディファレント・カインド・オブ・トゥルース」の基礎ともなったと思われます。

 

陽気なパーティー・ロックの代表格といった側面に対して、エディのギターを前面に押し出したアメリカン・ハードの真骨頂、という個性もここで披露されています。

 

このシリアス路線の反動が、80年代メタル・シーンを牽引する事となる「ダイヴァー・ダウン」の誕生、そして以降の陽性のハード・ロック路線に繋がったんだとすれば、やはり彼等にとって必要な重要作だったと思います。

 

彼等のキャリアの中ではあまり評価されていない気もしますが、実際はバラエティ豊かなナンバーが並ぶ事により、バンドの懐の深さを見せつけられた1枚だと思います。

 

 唯一シングル・カットされスマッシュ・ヒットとなった「AND THE CRADLE WILL ROCK... ロックンロール・ベイビー」は、彼等にしてはかなり地味目にも聴こえるダーク調のナンバーですが、間奏ではエディのキーボードがメロディアスな響きが新機軸ともなっています。

 

本作中最もスピーディーと思われる「ROMEO DELIGHT」では豪快な疾走感を見せてくれ、彼等の土臭い部分が強調された「TAKE YOUR WHISKEY HOME ウイスキー・ロック」、「COULD THIS BE MAGIC? 戦慄の悪夢」では、エディのアコギ、スライド・ギターが披露されています。

 

アルバム・ラストの「IN A SIMPLE RHYME」は、最もヴァン・ヘイレンらしいと言える派手なナンバーで、キャッチーなコーラスとメロウなセンスは、確実に「1984」に引き継がれていると思われます。

 

 

«VAN HALEN LIVE: RIGHT HERE, RIGHT NOW